• 遠藤卓也

瞑想と演奏の間に - フレッド・ハーシュ「ブレス・バイ・ブレス」によせて


「現代最高峰のピアノ詩人」とも称されるピアニスト、フレッド・ハーシュの新作「ブレス・バイ・ブレス」は、メディテーションやマインドフルネスを心の支えとしてきた彼が、その実践と実感から紡ぎあげた美しく深遠な作品です。

国内盤をリリースしたのは新レーベル「Free Flying Production」。レーベルオーナーの関口滋子さんと久々にお会いして話したりしながら、フレッド・ハーシュの「瞑想と演奏の間にあるもの」を、自分なりに想像して文章にしてみました。

ディスクレビューでありながら「音の巡礼」的なテキストにもなっているという不思議な記事です😆

ぜひ、フレッド・ハーシュの音楽とあわせてお楽しみください!

note記事|瞑想と演奏の間に - フレッド・ハーシュ「ブレス・バイ・ブレス」によせて

https://note.com/pilgry/n/na34790471046

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示