誰彼通信 no.6 [2009/09/27]

|
                            2009年9月27日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 誰彼通信 [www.taso.jp]                        no.6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前略

すっかり日が暮れるのがはやくなってきました。誰彼通信第6号をお届け致しま
す。今号は間もなく開催となる「誰そ彼 Vol.15」についてのお知らせと、11月
に予定している温泉イベント「音泉温楽」にまつわる特集を中心に、各種連載も
いつもの様に長文掲載しております。
拾い読み、ナナメ読みでも構いませんので、雑誌をぺらぺらめくるような感覚で
スクロールしていって頂けると幸いです。

ではまずは間近に迫る「誰そ彼 Vol.15」のお知らせから!

                                草々


------------------------------------------------------------------------

 〓〓〓 I N D E X 〓〓〓

 ▽ 誰そ彼 Vol.15 開催間近!!

 ▽ Naturally Gushing presents『音泉温楽 Vol.1』出演者発表!!

 ▽ 特集:「音泉温楽のススメ」

 ▽ ヒガン・えとせと・レビュー

 ▽ 午前3時の泥酔仏教放談 第6回:シャクソンとジャクソン

 ▽ *今日の止まり木* - 「街山荘」 大阪・天満

 ▽ ただ、歩くだけ ~徒歩連載~ (5) レインボーブリッジを封鎖せよ

 ▽ タソガレ往来紳士録 NO.006『 言霊(ことだま) 』

 ▽ サウンドブック 第4回目:無指向性スピーカー

 ▽ たそがれポスト

------------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 誰そ彼 Vol.15 開催間近!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お寺の音楽会 『誰そ彼 Vol.15』

日時:2009年10月3日(土)17:00~21:00
場所:梅上山 光明寺(東京 神谷町)
   http://www.komyoji.org/
料金:1500yen with 1drink
出演:
[Live]
 ・The Rational Academy (from Australia)
  http://www.myspace.com/therationalacademy

 ・Do The Robot (from Australia)
  http://www.myspace.com/idorobots

 ・Rocket or Chiritori
  http://www.myspace.com/rocketorchiritori

[法話]
 ・杉生慶値(浄土真宗本願寺派)
[選曲]
 ・busse posse DJ's
[PA]
 ・福岡功訓(FLY_SOUND)

[Drink]
 ・神谷町オープンテラス
  http://www.komyo.net/kot/
[Food]
 ・料理僧 KAKU (from 暗闇ごはん)
  http://www.higan.net

[チラシ絵]
 ・風眠庵
  http://foomin.net/

more info.
  http://www.taso.jp


☆☆ 出演者近況 ☆☆

→The Rational AcademyとDo The Robotの二組は既に日本に到着しています。
 先日の高円寺 UFO Club公演を皮切りに、只今全国ツアー真っ最中!!

 <The Rational Academy + Do the Robot>
 09.27 SUNSUI, Osaka + Vampillia / Lillies and Remains
 09.30 DAY TRIVE & TRIM, Nagoya + Free City Noise / Disc Error 
    / Room501
 10.01 MERO MERO POCCHI, Kanazawa + guests
 10.02 BULLET'S, Tokyo + Chanson Sigeru / Yanagawa Katsuya 
    / Butcher Philip / Luveless
 10.03 KIMYO-JI TEMPLE, Tokyo (TASOGARE Vol.15) + Rocket or Chiritori
 10.04 HIGHTI, Tokyo + SKIST / Samm Bennett / Ju Sei

 <White Bears of Norway + Do the Robot>
 09.28 SOCRATES, Kyoto+ Buddhastick / Hakobune

→Rocket or Chiritoriさんはニューアルバム『Left sounds』が、各種配信サイ
 トにて販売開始されました。誰そ彼ライブの予習にも是非~。

 http://www.myspace.com/rocketorchiritori


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ Naturally Gushing presents『音泉温楽 Vol.1』出演者発表!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前号でもお伝えしましたが11/14~15の2日間、長野県にある渋温泉にて "元祖
冬フェス!"を掲げたイベント『音泉温楽 Vol.1』が開催されます。
「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルのひとつになっている老舗旅館 金具屋さ
んの大広間(130畳!)と、10年間営業をしていない幻の旅館 臨仙閣の2会場
を舞台として、2日間に渡り様々な "温泉好き" アーティストが登場します!!

遂に発表となった豪華ラインナップは以下の通りです。

〈Naturally Gushing presents 『音泉温楽』vol.1〉

● 11月14日(土)~15日(日) 
● 長野県・山ノ内町/渋温泉@歴史の宿 金具屋(大広間)&臨仙閣
● 料金:両日通し前売券 6,500円 ※300名様限定
 (オフィシャル手ぬぐい付き)
● 出演アーティスト:
 ・DE DE MOUSE
 ・ASA-CHANG&巡礼
 ・渚ようこ
 ・七尾旅人
 ・METALMOUSE
 ・サワサキヨシヒロ Naturally Gushing Orchestra (N.G.O)
 ほか、温泉好きアーティストを絶賛ブッキング中!! HPにて随時発表。

● 主催・企画制作:OmegaTriibe 協力:誰そ彼
● イベント詳細:http://www.naturallygushing.com/fes09/index.html
● チケット販売:http://omega-triibe.shop-pro.jp/?pid=16121301

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 特集:「音泉温楽のススメ」 文・遠藤卓也
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

というワケで、いつもは"お寺の音楽会"が本分の我々ですが、今回は課外活動と
称して、"温泉の音楽会"に全面協力させて頂く事になりました。
誰そ彼の時のように、ライブの合間に法話をさせてもらったり、会場で配布する
冊子を作ったりと、そこはかとなく図々しく存在感を出していこうと企んでおり
ますので、誰そ彼や他力本願でいこう!に来てくださっている方々にも馴染みの
良いイベントになるかと思います。

先日は、下見を兼ねて誰そ彼スタッフ3名が渋温泉に行ってきました。途中から
サワサキさん御一行も合流し、イベント実現に向けて意義深い旅となりました。
その体験を活かして、僕なりにこの『音泉温楽』ひいては渋温泉そのものの楽し
み方を伝えられればと想い、以下に記します「音泉温楽のススメ」!!!


一、渋の宿に泊まろう
 遠方から参加の方は是非渋温泉の旅館を予約する事をオススメします。値段は
宿や部屋によりけりですが、素泊まりOKの所も意外にあるんです。逆に奮発しよ
うという方にも老舗旅館がひしめきあう温泉街ですので、大満足の場所がきっと
見つかる事と思います。

一、九つの外湯巡りをしよう
 渋温泉の旅館をオススメする理由がここにもあります。実は、宿泊客のみ借り
られる魔法のカギがありまして、それで渋温泉街に点在する九つの外湯にはいる
事が出来るのです。お風呂の入口にはスタンプが用意されていて、巡浴祈願手ぬ
ぐいに押していき、九つ集めれば満願成就!出でよシェンロン!!
お湯のほうもバラエティに富んでいて、それぞれ違う泉質なので楽しめます。

一、渋の街を歩こう
 音泉温楽のイベントパスはよくあるリストバンドではなく、オリジナル手ぬぐ
いになる予定。旅館の浴衣に着替えたら、手ぬぐい片手に下駄を鳴らして、いざ
温泉街へ繰り出しましょう。思わず曲がりたくなるような路地がたくさんある渋
の街は、歩いているだけで心が躍ります。風情たっぷりの坂の道の両際に立ち並
ぶのは、土産もの屋を始め、郷愁をそそるスマートボールや射的、グッとくる飲
み屋などなど目をひくものばかり。

一、おすすめフード、おすすめドリンク
 街を歩いてお腹が空いたら、それを満たす誘惑もそこかしこに。特にハマる人
続出なのは「豆腐ラーメン」!ラーメンに麻婆豆腐がのったものなのですが、こ
れが熱くて辛くて旨い!
喉が渇いたら酒屋へ急げ、「志賀高原ビール」が待っています。温泉街から川向
こうの蔵元 玉村本店さんの作っている地ビールで、五種類あってどれもいい!

一、温泉のめぐみ
 温泉地ですから、至る所で温泉の恵みが享受できます。特にうれしいのは各所
で湧き出ている飲用の温泉。これが胃に染渡ること!温泉玉子も軒先で販売して
いますし、もくもくと煙る温泉饅頭の文字にも惹かれます。
歩くのに疲れたら、街の中心とも言える大湯の上にある足湯で憩いましょう。

一、寺社仏閣巡り
 誰そ彼スタッフとしては温泉街の奥にある、その名も「温泉寺」さんへのお参
りをプッシュしたいです。広い境内を抜けると立派な鐘!そして大きな本堂と、
都内でなかなかこうはいきません。温泉寺の名の通り、敷地内に温泉「信玄窯風
呂」があります。イベント二日目の朝はここにお参りするといい事あるかも?!
また、神社も豊富に点在してます。渋湯神社への道のりは険しいですが、辿りつ
いた時の清々しさは格別です。

一、渋に棲む仲間たち
 日常に屋根を猿が歩いているのでビックリします。いたずら好き(というか普
通に危ない)みたいなので、遭遇したらそそくさと逃げましょう。勝手に人んち
の温泉に入ってたりするらしいです...。
猫もタレント豊富です。今回の会場となる金具屋さん前ではいつもかわゆい猫が
寝ています。
たまに鹿も歩いているそう。目撃者によると「デカい犬かと思った。」...って!

一、足をのばせば...
 そんな猿たちの集う場所「地獄谷野猿公苑」は渋温泉から程近いです。
SNOW MONKEYなんて言って、海外からの注目も熱いようです。
栗と北斎の街、小布施も遠くありません。街並みがステキなとても良い所です。
帰りは志賀高原を伝って草津温泉に行くのもいいかも。東京方面の方は帰り道に
なりますし。Don't stop my 入浴欲。

>> 信州 渋温泉
 http://www.shibuonsen.net/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ ヒガン・えとせと・レビュー(2009年9月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
誰そ彼スタッフ達による、なんでもレビューのコーナー。

------------------------------------------------------------------------
[CD] 大槻ケンヂと絶望少女達 / かくれんぼか 鬼ごっこよ

今までついつい大槻ケンヂを避けて生きてきましたが、完全な偏見でした。こん
な素敵な歌詞とボーカリゼーションってなかなかないと思います。
また、narasakiのギター・声優たちへのディレクション・ソングライティングの
完成度は群を抜いています。何より演奏のすばらしいメンバーが全員40代だと
いうのが励まされます。アニメの企画盤ですが作品として完全に独立して聴けま
す。(齋藤仁昭)

------------------------------------------------------------------------
[CD] SPINETTA / UN MANANA

アルゼンチンの巨匠。尖ったセンスを持ち続けるスピネッタの2008年作品。
60歳近い年齢にも関わらず、コンスタントに作品を発表し続け、その質が全く
落ちないどころか年々洗練されていく。現在最もアーバンに洗練されたロックは
アルゼンチンにしか存在していないことが痛感される一枚。ラテンアメリカにつ
いて再考すべきだというここ数年のぼんやりした感覚が確信に変わりました。
この10年ぐらいで僕の信じる世界の9割は死滅してしまいましたが、残りの1
割のうちの重要な要素を彼の音楽は内包しています。併せてプリファブスプラウ
トの新譜を聴くと、もう、胸が、壊れそう。(齋藤仁昭)

------------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 午前3時の泥酔仏教放談 文・杉生値
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓〓〓 第6回:シャクソンとジャクソン 〓〓〓

先月は日本のMJについて書きましたが、今月は元祖MJについて。彼が亡くなって
早3ヶ月。清志郎の時と同じく今更になって彼の凄さに惹き付けられています。
昔買ったCDを引っぱり出して聴いたりYouTubeを観あさったり...。でもそれでは
飽き足らず買ってしまいました、「Live in Bucharest」のDVD。これね、全世界
の人々が観るべきですよ、いやまじで。俄かファンが何をぬかすかと怒られそう
ですが、それでも言います。観るべき!もうね、凄いの一言。それしか言えませ
ん!

何が凄いって、そりゃ歌とダンスが凄いに決まってるんですが、じゃあ何故そん
なに凄いのか。彼自身の才能と努力の賜物というのはいうまでもないですが、そ
れだけじゃない。少し大げさかもしれないけれど、私はそこに時空を超えたエン
ターテイメントの神髄が詰まっているからだと思うのです。件のDVDを見れば彼
のダンスには世界中のスタイルが取り入れられていることが分かります。楽曲や
歌唱も然り。しかもただスタイルを取り入れているだけじゃなく、根底にはしっ
かりとファンクやソウルミュージックの血が流れていて、そのルーツを辿れば近
くはJB、遥かはアフリカの大地にだってたどり着くことができます。そこから脈
々と受け継がれて来たエンターテイメントののエッセンスが、マイケルジャクソ
ンという存在にぎゅぎゅぎゅっ、と詰め込まれている。そしてその情報量の多さ
と濃さに、人々は失神する程熱狂したのではないでしょうか。(そう言えばベス
ト盤に『エッセンシャル』ってタイトルがある!)

さて、ここで放談かまします。私にはこのマイケルの凄さが仏教のそれと重なっ
て見えるのです。遥かインドで「人生の苦しみを如何に克服するか」という釈尊
の問いから生まれた仏教は、長い時間をかけてヒマラヤを越えて中国を経て、こ
こ日本に伝えられました。その過程でさまざまな宗教的天才が現れ、彼らはその
土地その時代の思想を汲み取りながら、しかし根本を失うことなく仏教を発展さ
せてきたのです。その最果ての地・日本で興った浄土真宗では「南無阿弥陀仏」
ひとつで救われると説かれます。それだけ聞くとファンタジーですが、そこには
時空を超えた諸師の苦労と、彼らによって構築された緻密なロジックが詰め込ま
れているのです。ちょうどマイケルの「ッダ!」とか「ポウ!」に音楽の全てが
凝縮されているように。

そう言う意味でマイケルも仏教も人類の「宝」だと思うのです。とすればひとり
でも多くの人にそれに触れて欲しい。でも残念ながらマイケルはここ10年のスキ
ャンダルのせいで整形と幼児虐待の人というレッテルを貼られてしまい、彼をエ
ンターテイナーとして評価する人は思いのほか少ないように感じます。そして仏
教も「葬式仏教」と揶揄されて久しく、今生きている私のためのものであると言
うことを知っている人は少数派なのではないでしょうか。宝の山を目の前にして
、なんともったいないことか!We'are doin'wrong!

思えば、今私がマイケルの音楽と正面から向き合えるようになったのは、幼い頃
からそこかしこに彼の存在が当たり前のようにあって、なんだかよくわからない
けれども凄い人らしいという認識があったからです。接点というものの大切さに
改めて想いが至ります。仏教についてもやはり同じようなことが言えます。そこ
に仏法という宝がある。別に今はいらないと思うならそれは全然構わない。でも
そこにそれがあるということと、それがみんなのものでいつでも手に取ることが
できるということ。そのことだけでも知っていれば、いつかその宝の凄さに気づ
く日がくるかもしれません。みんなと仏教の接点を絶えず用意しておく。そのこ
とこそが坊主としての使命なのだな、とMan in the mirrorを聴きながら噛み締
める今宵の晩酌でありました。

合掌


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ *今日の止まり木* 文・杉生美紀
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「街山荘」 大阪・天満

久しぶりに実家へ帰省。私の地元は日本一長いといわれる商店街、天神橋筋商店
街にほど近く、天四、天五、天満駅周辺エリアが私のテリトリー。魅力的な個性
あふれる多くの飲食店が軒を連ね凌ぎを削っており、質を落とせば生き残れない
、お店側も大変苦労されるエリアだとか。今日は何処で羽を休めようかと目移り
気移り、街を歩くだけでも楽しくなるような場所です。

この日は久々に会う友人と一件目韓国料理「玉一」へ。天満で韓国料理といえば
ここ、という超有名店で、予約なしで訪ねると、やっぱり待たされました。やっ
と席に通されまずビール。ホルモン盛り合わせとチャプチェ、チヂミ、すべて高
水準なのですが、レバ刺しは至極の一品。二人でうまいを連呼しながらいただく
も、友人はお酒が一滴も飲めない体質。こんなご馳走を前にして飲めないなんて
!!かわいそうに思い、代わりに私が二人分飲んでおきました。

店が混雑しているため長居はしづらいと、二件目を探すことに。ただ、君飲めな
いよねえ?じゃあカフェ?いやいや、カフェなんかは堀江や中崎町に任せておけ
ばよろしい。天満らしいお店に入りましょうよ、と徘徊していると偶然に見つけ
たJAZZ Barの文字。友人は私の音楽の師匠でもあるので、音楽が流れるお店はう
ってつけだと、選んだのでした。

細い階段を上がりドアを開け、足を一歩踏み入れた瞬間、あ、きちゃったパラレ
ルワールド。内装が完全にログハウス!天満の風俗店の隣の雑居ビルの二階がロ
グハウス!!コースターももちろん丸太の薄切り。そうだよね、お店の名前が
「街山荘」ですもの。久々に遭遇したパラレルワールドに興奮していると、ほど
なくしてセッション開始。そういえばグランドピアノが置いてある。JAZZ Barだ
なあ、ちゃんと。(失敬!)女性ボーカルに立原啓介似のピアノマン。なかなか
よろしい雰囲気ですなと、音楽のお話に花咲かしていたのですが、突然10名ほ
どの団体様ご一行が。みなさん帽子にリュック。さっき一山登ってきました!と
いう出で立ちの方々。やっぱりここは街の中の山荘、みんなの止まり木なのだ。

セッションはベース、ギターが加わり佳境へ。メンバーは今日が全員初顔合わせ
とは思えない一体感。やっぱりジャズか!ジャズなのか!?今度きた時はカウン
ターに座りなさいと常連客の方々に声をかけられ、店を後に。思いがけず出会っ
た素敵なお店、音楽、時間に、満足感たっぷりの天満の夜でした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ ただ、歩くだけ ~徒歩連載~ 文・斎藤遥
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓〓〓 (5) レインボーブリッジを封鎖せよ 〓〓〓

車は持っていないし、お台場にもなかなか行かない、東京の夜景が大好きという
わけでもない私にとってレインボーブリッジとはあまり存在感もなく、ドラマや
雑誌の中の橋でありました。でも最近になって、レインボーブリッジには歩行者
用の道もあるという情報を入手、がぜん興味がわきました。歩いても渡れるらし
いのです、私はそんなこと思ってもみなかったという感じでしたが、皆さんご存
知でしたか?

夏時間の今時期は会社帰りの夜も通行可能ということで、平日夜に大門の駅で電
車を降りてまずは目的のレインボーブリッジまで歩きます。スーツを着た人がた
くさん駅へ向かってくるところ私は逆行して駅から海沿いの方へ。海からの風か
ビル風か、とにかく風が吹いてすがすがしい道のり、大きな大きなレインボーブ
リッジがホテルの隙間から見えてきます。いわゆるきれいな夜景代表の橋でしょ
うとなぜかひねくれて考えていた私も思わず素直にきれいだなあと思ってしまう
程、夜のレインボーブリッジはきれいです。ネックレスのような形と少し遠くか
らみると意外と控えめな光。くさりがきらきらしています。見えてから到着まで
が意外と遠い。大きいから距離感がよくわかりません。はやる気持ちを抑えつつ
早足でついに徒歩道の入り口へ到着!とそこで目にした看板に、「本日休館日」
。・・・何てことでしょう、月1日しかないらしいお休みがまさか今日だとは・・・!
かなりショック、しかも橋なのに休館って何?と思いつつ、やはり思い出すのは
踊る大捜査線のこと。本当に封鎖されてるじゃない!青島警部なかなかやるな!

仕方がないので橋の真下の海沿いの道をぐるっとして橋を観察。下から見上げて
みるとレゴブロックで組み立てられた橋みたい。ゴオゴオと車の通る音を聴きつ
つ海の向こうのお台場方面へ未練を残しつつ、竹芝ふ頭まで歩きます。
船のターミナルにはこれから船に乗る人たち、いま降りてきた人たちがいて、ざ
わざわといろんな空気が入り混じっていました。ターミナルにいる人たちは、何
者なのかどこのひとなのかわかりにくくて、船に乗らない私なんかも座ってコー
ヒーを飲んだりしていて、だから空気がどこでもないような、落ち着くような落
ち着かないようなものなのかなあなんて感じました。

橋は歩けなかったものの、海沿いを歩いて、夜景もみて、ターミナルの独特の空
気を味わって気分転換にはなったかも...。
でもやっぱり、早く橋を歩いてみたい!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ タソガレ往来紳士録 文・遠藤卓也
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 モノゴトの輪郭が曖昧となる黄昏時、夕闇に紛れて通りを行き来するあやしい
 モノ達に「誰ぞ彼?」と声をかけてみたとしたら...

〓〓〓 NO.006『 言霊(ことだま) 』 〓〓〓

言霊をご存じだろうか?少々乱暴とはわかりつつも端的に表してみますと「言葉
は生きている」といった意味合いで捉える事も出来るでしょうか。
先日、柳田國男先生の『なぞとことわざ』という本を初めて読んで非常に感銘を
受けたばかりで、今回は丸々柳田先生の受け売りになりそうですが、その本の内
容と絡めて言霊についてのお話が出来ればと思います。

非常に私的な感覚から話が始まるのですが、自分の中(うち)で、言葉を育てて
いるというような感覚があります。それはちょうどパレットに色を増やしていく
みたいなもので、パレットの言葉同士を混ぜ合わせてみて新たな言葉や表現を作
り出し、またパレットに収めていくようなイメージです。
いつでも使えるように語彙の装備を整えたり、新しい言葉の調合を見つけだした
り、まるでロールプレイングゲームで自分の分身を育てているような感覚です。

柳田先生の『なぞとことわざ』では、本邦における言語技術の成長について、社
会背景や人々の意識の移り変わりという観点からの説明がなされているのですが
、その流れの中にはこれまで述べたような "言葉を成長させる" という、本能に
近いレベルでの人々の意志が根底を成していた事実が伺い知れます。

言葉とは人々のコミュニケーションツールであるという事は言うに及びませんが
、とある用途やとある場面に応じて効果的な特殊能力を携えた言葉が発明されて
きました。それが、「なぞ」や「ことわざ」です。先ほどのロールプレイングゲ
ームの喩えに戻すと、正に「じゅもん」や「まほう」にあたると思います。

例えばゲームの中で「ホイミ」と唱えると体力が回復します。勿論、「犬も歩け
ば棒にあたる」と言っただけで風邪が治ったら医者はいりません。もっと現実的
な話になりますが「卯のとき雨に傘持つな」ということわざは、午前6時頃に降
る雨はすぐに止むから傘はいらないということ。これで出かける人の荷物がひと
つ減らせるというワケです。
当時の仕事は、農耕や海や山での狩猟が主でしたからこういった天気に関するこ
とわざや、生産計画の指導ともとれることわざが多く作られました。それは誰で
もすぐに覚えられるように、短く軽快な口にしやすい音で作られています。古人
の経験や知識、特に自然との付き合い方が小さな箱に収められているのです。

子供たちの成長には「なぞ」が用いられました。幼い頃から何気なく親しんでき
た「なぞなぞ」も、まだ若い人たちが遊びの中から発想力を身につけたり、常識
を覚える為に生み出されたシステムだったのです。
共同体の中で、うまい話ができるものは尊敬され、困りものはことわざでバカに
されました。段々に口の武器としてのことわざやたとえごとが発達して、口の達
者な者がそれを使いこなして外交時に活躍したというわけです。「まね」等は敵
をばかにする目的として単純な術となります。
逆に、喧嘩や掛け合い事の無い時期に、遊びの中で発達していったのが「しゃれ
」でした。悪い空気を丸くおさめる場合等にも有用で、自らわざと笑われる対象
となるような「おどけ者」も現れ、わがままな殿様を諌めたりしました。

といったように、誰でも携帯できる有能なツールとして「ことわざ」や「なぞ」
「しゃれ」が編出され、適した場面で発動する事により様々な効果を齎してきた
のです。地域によって伝わることわざのバリエーションが変化したりと、人々と
共に生きてきた形跡がみられるそれらの言葉は正に言霊の一種といえましょう。
今でも日常に生き残っている工夫された言葉を捕まえてみて、どんな場所に生ま
れてどのように生きていたか、背景に持つストーリーなどについて思いを馳せる
のも日本語の楽しみかたの大きなひとつかと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ サウンドブック 文・福岡功訓 (FLY_SOUND)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓〓〓 第4回目:無指向性スピーカー 〓〓〓

最近、やたらと眠れない日々を過ごしているPAの福岡です。

今回は、無指向性スピーカーの話し。
まず音には指向性と言うものがあって 上下、左右スピーカーによって普通は角
度が決まっています。低音には指向性が無いと言う事にはなってますが、それで
も360度同じという訳ではないです。

普通のスピーカーは、前面に音を飛ばす事を前提に作ってます。しかし、無指向
性スピーカーは、360度同じ音が飛ぶ様に出来ています。
それも田口製作所のLEXシリーズだと上に向けられたスピーカーの音が暈の様な
反射板に当り広がるので、スピーカーから音が鳴っているのが分から無い位自然
で心地良いです。
他にもキューブ型や多面体型の無指向性スピーカーはありますが、直接音が耳に
届くので、近くではあまり良いと思った事が無いです。
アルミコーンのユニットなどで作っているメーカーもありそのせいもあるとは思
いますが。

さて、無指向性スピーカーに合う音楽ソースですが、やはり生楽器物や自然音が
とても合います。
どこのメーカーの物も低音が出無い物が多いので、ダンス物なんかは苦手です。
しかし、エレクトロニカや現代音楽の電子音楽などは、寝てしまう程心地良い事
も多いです。

後、置いて聴く場所ですが天井が高くてコンクリート打ちっばなしやガラス面が
多い場所などの音の反射が多い場所程音量を出さなくてもよく響くので気持ちが
良いです。

なかなか出会うチャンスは無いとは思いますが、もし出会った時は目を閉じて聴
いてみてください。

>> 株式会社 田口製作所
 http://www.taguchi-craft.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ たそがれポスト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当メルマガや誰そ彼イベントに関するご意見ご感想ご要望、企画案や小ネタまで
何でも結構ですのでお便りお待ちしております。

※メールフォームが故障中につき、下記メールアドレスまでお送り下さい。

master@taso.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】誰そ彼 Vol.15の日が迫ってきております。ROCさんは先日光明寺を
下見してくださいました。オーストラリア勢も既に来日してきています。彼らの
日本ツアーのフライヤーがとても良いデザインで気に入っています。誰そ彼のマ
イスペースのコメント欄に貼り付けてくれているのですが、添えられたメッセー
ジが日本語で奇妙な事になってます。恐らくWEB翻訳の結果をそのままコピー&
ペーストしたのでしょう、「弊社の公演をご覧下さい。」となっています・笑
また、会場の名前も"KOMYO-JI TEMPLE"ではなく、"KIMYO-JI TEMPLE"になってし
まっているのも面白い。漢字をあてるならば、"奇妙寺"??(遠藤)
------------------------------------------------------------------------
 [mail] master@taso.jp
 [web] http://www.taso.jp/
 [myspace] http://www.myspace.com/tasogarecords
 [mixi] http://mixi.jp/view_community.pl?id=197761

 ◆バックナンバーはこちらでお読み頂けます
  http://www.taso.jp/cat/

------------------------------------------------------------------------
※この誰彼通信を気に入ってくださった方は、ご友人やお知り合いにもご転送、
 ご紹介して頂けましたら幸いです。
※お名刺を頂いた方にもお送りさせて頂いております。突然の配信をお許しくだ
 さい。
※誰彼通信の登録・解除は自由です。配信の登録・解除・送信先メールアドレス
 等の変更は、お手数ですが master@taso.jp までご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          Copyright(C)2009 TASOGARE All Rights Reserved.

MAIL MAGAZINE

■ 誰彼通信配信中!!

登録 削除
メルマガ配信CGI ACMAILER

INFORMATION